ドローン空撮案内スペシャルサイト

実績等、詳細はこちらのサイト(aerial-shoot.net)も併せてご覧ください。

テレビ番組制作会社様や出版社様にもご利用頂くクォリティです。

現在までに、子供向け番組やドキュメンタリー、バラエティ番組など、多岐にわたってご利用頂いております。

  • Demo Image
  • Demo Image
  • Demo Image
  • Demo Image

弊社のサービスは…

  • 機体の点検・整備・管理を徹底する事でより良く飛行できるコンディションを作っています。
  • 操縦者研修をはじめ、弊社関係敷地内での慣熟飛行により、コンプライアンスに厳しいクライアント様にも安心してご利用頂いています。
  • WEB制作会社として、スタッフ自らが画像や映像の編集を手掛けており、制作者目線に立った映像・画像の撮影が可能です。
安全性・コンプライアンス・操縦技術・撮影技術、全ての面を高い水準でクリアできるよう日々研鑽を行っており、各クライアント様よりご評価を頂戴しております。

WEBコンテンツとしての空撮&動画はサイトの訴求力UPに効果的です。

普段と異なる視点からインパクトある映像・画像を安価にご提供いたします。

弊社のサービスは…

  • 動画を用いる事で訴求力の高いサイト制作が可能になります。
  • 上空からの視点を加える事で、インパクトはさらに高まります。
  • 既存の空撮サービスに比して1/3程度のリーズナブルな価格設定です。
  • 撮影、編集、YoutubeやVimeoなどへのアップロードまでをニーズに合わせて一連で承ります。
空撮は、施設全景などの大きな被写体や、自動車や人間などの動くものが被写体の場合に親和性の高い撮影方法で、いつもは見上げていた風景を上空から見下ろしたり、滑らかな動きで移動しながら撮影したり、今までに無いインパクトのあるコンテンツとしてお客様に訴えかける事が出来ます。

日本全国での飛行許可・承認を国土交通省より包括的に得ております。

航空法が改正され、市街地での飛行や夜間、高度150m以上の飛行など、国土交通省 航空局の許可・承認を受けなければならなくなりました。

弊社のサービスは…

  • 空撮、報道取材、農林水産業、測量、環境調査、自然観測、事故・災害対応等の多項目での許可・承認を受けています。
  • 日本全国どこでも飛行可能です。⇒人又は家屋の密集している地域の上空を含みます。※1 ※2
  • 夜間飛行を認められております。⇒日の出前、日没後の飛行が可能です。※3
  • 目視外飛行を認められております。⇒目視範囲を超え、モニター映像を見ながらの飛行が可能です。※3
  • 人又は物件から30m以上の距離が確保出来ない飛行を認められております。⇒クリアランスの取れない狭い場所での飛行が可能です。

※1:飛行場所の地権者や管理者の承認が必要です。
※2:飛行場周辺と地表面から150mを超える場所の飛行は別途申請が必要です。
※3:夜間の目視外飛行は別途申請が必要です。

航空法で定められた許可・承認が必要な飛行を行うには個別に申請を行うのが基本ですが、空撮を生業にしている企業が急な発注に対応しなければならない場合などに備え、様々な要件を包括的に申請する事が許されています。

費用は既存の空撮サービスの1/3程度と非常にリーズナブルです。

弊社のフライト料金は人件費分と機種導入経費分のみで計算されています。

弊社のサービスは…

  • 飛行時間と使用するバッテリーの本数から計算し、「拘束3時間・バッテリー4本分以内」であれば、フライトに掛かる料金は50,000円~です。
  • 他に出張や移動に要する実費と、航空局の許可・承認を要する案件の場合は申請代行料金が必要です。
通常の空撮業者は「基本料金」として50,000円~100,000円、「技術料」として1フライト(10分~15分)ごとに20,000円~30,000円、「操縦者人件費」として1日20,000~30,000円、「補助者人件費」として1日10,000円~20,000円などのように、1フライトでも約100,000円程度が必要になります。

ドローン空撮案内スペシャルサイト

実績等、詳細はこちらのサイト(aerial-shoot.net)も併せてご覧ください。

お気軽にお問合せを

弊社は、ご依頼いただきました案件に真摯に向き合い、実現に向けて着実に取り組みます。